hon
BOOKS 本 

挿絵、刊行物のリスト、掲載雑誌等の情報。
(のろのろと更新中です〜)
 hon

sikatunoya

鹿角屋/しかつのや

(左の鹿をクリックしてください。)

アマゾンのアフェリエイトを利用した
本屋です。ここで紹介した本で
アマゾンにて購入できるものを
掲載してます。

えほんなび

絵本の情報サイト

home Picturebooks
絵本

09.10.20
書籍装画色々
11.03
挿絵その他

Picturebooks 絵本

2011年7月更新

  本の題名など 内容


年末刊行予定の詩の絵本を現在作画中です。だいじょぶかなあ、、、、、、

 

 

2011

とけいのくにのじゅうじゅうタイム
 
垣内磯子 作/早川純子 絵
あかね書房

定価1,260円
(本体1,200円+税)

B5判/ページ数:32ページ
ISBN978-4-251-09849-8/NDC913
初版:2011年3月

たけしの誕生日。
10時10分に突然時計の中から小人が焼き肉をもって現れた!

時計のなかの数字たちも飛び出してきて。どうするたけし!

2010ehon15

 

さんまいのおふだ

文/千葉幹夫 絵/早川純子

小学館

1,050円(税込)

2010年7月発売
32ページ
大きさ26 x 21.8 x 1.2 cm

SANMAINOOHUDA
Text by Mikio TIBA
SHOGAKUKAN.Publishers



昔話シリーズの一冊。

山に栗を拾いに行った小僧さん
鬼婆に捕まってしまいます。
和尚さんから渡されていた
「三枚のお札」で鬼婆から
逃げることができるのか?!

2010ehon14

たべるかな

織田道代/作 早川純子/絵
鈴木出版
こどものくに 
チューリップ版 
2010年 3月号
370円


この絵本は定期購読の月刊誌のため、
書店では購入できません。
おいしいものがいっぱい出てくる、ことばあそびの絵本です。

 

09.14

 

どんぐりロケット

早川純子・作

ほるぷ出版


09年8月刊行

定価1,365円
(本体1,300円+税)
サイズ:240×210
ページ数:32ページ
ISBN:978-4-593-56068-4

DONGURI ROCKET
Text by junko HAYAKAWA

HOLP SHUPPAN,Publishers


どんぐりと宇宙の お話です。

「家缶」にでてきたヒックリーとカエルーがまた登場。
“巨大どんぐり”におならをつめて
月旅行にいっちゃうお話です。

なんと現在
ほるぷ出版のホームページから
絵本に出てきたどんぐりのペーパークラフトが

無料で!ダウンロードできます。

 
『どんぐりのペーパークラフト』は、
こちらからどうぞ。


家缶のペーパークフトと同じく坂啓典さん
作っていただきました。

ながめても楽しい形になっていますので
ぜひごらんください。


 


ehon13

山からきた ふたご
スマントリとスコスロノ

影絵芝居 ワヤンの物語より

乾千恵・再話 
早川純子・絵
松本亮・監修

福音館書店

09年6月刊行
52ページ(片観音ページあり)

デザイン/ 白石良一、坂本梓
(白石デザイン・オフィス)

お値段/1700円プラス税

インドネシアのワヤン・クリで
(日本では影絵の人形劇で知られてるもの)
演じられているお話のひとつです。

詳しい内容は福音館のこちらのページをご覧ください。

インドネシア芸能情報さんにインタビューして頂きました。
1回目(09年8月6日)
2回目(09年8月13日)

鹿角版画室分室(早川のブログ)にて
制作過程のんびりお知らせしていました。
08年年末〜09年5月頃。
*この絵本の取材旅行日記も載せています。
監修の松本亮さんたち日本ワヤン協会の公演旅行に
編集者さんとついていったのです。
こちらは06年7月の所をご覧ください。

原画展
2009年7月、ビリケンギャラリー(東京)にて。
2010年10月、堺町画廊(京都)にて

2011年秋 原画展予定(東京 )


azukimaru

 

あずきまる

早川純子・作


農文協 
2008年10月末刊行


 

狸にそだてられたあずきが
もんくたれる
お話です。

アズキのお菓子を食べながら読んでみてください〜。

ehon11


てんぐのくれためんこ
安房直子・著 

偕成社

2008年3月刊行

定価:1470円(税込み)
27cm×21cm/48ページ


めんこの弱いたけしは、てんぐから
どんなめんこもひっくり返す
不思議な「風のめんこ」をもらいます。
それを手にたけしは山の子ギツネたちと
めんこ勝負!
そこに親狐たちも出てきてしまい、、、、、、
どうなることやら。 ちょっぴりドキドキする秋のお話。

このお話は短編集「山の童話 風のローラースケート」
の中の一編です。(1984年筑摩書房刊)
現在同じく偕成社から出ている「安房直子コレクション3、ものいう動物たち」にも収録されています。
他の短編も読むとまた楽しさ倍増です。


2007ehon010

ことばあそびえほん 
はやくちこぶた
早川純子/絵と構成

瑞雲舎
2007年9月刊行
1300円プラス税

早口言葉の絵本です。

3匹の子豚を下敷きに、オオカミと絡ませて
お話を進行させました。出てくる早口言葉など、
人形劇をしている友人から教えてもらったり、
いろいろ影響を受けました。ありがとう!  
読み聞かせには、かなり口が疲れる絵本です。

2007ehon09

家缶
-いえかん-

早川純子・作
ほるぷ出版
2007年2月刊行  1300円プラス税
絵本に出てくる家を、
巻末のペーパークラフトで作ることができる、
「おうちの絵本」シリーズの3冊目です。
ペーパークラフトデザイン/坂啓典
©Junko Hayakawa 2007
ISBN978-593-56193-3 NDC913
24p, 270×210mm

ヒックリーとカエルーのお家は、すてきな缶のお家です。
この二人、ネズミに見えますが、違う生き物?

お家をひっくりかえしてころがして、、、、、
のんびりお気楽に生活している様子を描きました。

「おうちの絵本」原画展が08年1月22日〜
池袋のポポタムでありました。
ご来場ありがとうございました 。


2006ehon08

こどものくに/チューリップ版12月号
にほんあしのだいこん
いなつぐかつら/作  早川純子/絵
鈴木出版

2006年12月発行 350円(税込み)
(月刊誌のため10月末できました。)


(C)Katsura Inatsugu , Junko Hayakawa 2006

にほんあしのだいこん君が
パタパタと走り回ります。
あんなに走ると大根おろしになりそうですが、
大丈夫なのです。

2006ehon07


かいじゅうじまのなつやすみ
風木一人・作 早川純子・絵
ポプラ社

2006年7月刊行 1200円(税別)
編集/中村成子

ISBN4-591-09327-1
C8793

 

世界中で暴れ回るかいじゅうたちは
夏休みに 「かいじゅうじま」に帰ってきます。
どんな夏休みかは見てのお楽しみ~

2006ehon06

そだててあそぼう・66
アズキの絵本
十勝農業試験場アズキグループ・編 
はやかわじゅんこ・絵
農文協  
2006年3月第一版発行 1.890円(本体1890円)
編集制作/栗山淳編集室
(C)TokachiAES azuki group J.Hayakawa 
2006 Print in Japan
ISBN4-540-04159-2 NDC590
36p, 210×257mm


農文協からの学習もの絵本です。
こちらシリーズは(そだててあそぼう)です。
このシリーズ現在80册ほど刊行されてます。
内容は生産者の方が執筆してているので、どれも子供の本といって侮れない内容になっています。

このアズキの絵本では、 狐と着物を着た女の子を登場させました。
アズキの育て方や、その歴史、食べ方、などが楽しんで学べます。

2005ehon05

こどものとも年少版 1月号
おおかみだんなと ろば

アルバニアの昔話 
八百板洋子・再話 早川純子・絵
2005年12月刊行(「こどものとも年少版」通巻346号)
福音館書店 
380円(本体362円)
月刊誌で、現在絶版です。

“SIR WOLF AND A CLEVER DONKEY”
Text©YokoYaoita 2005
Illustrations©Junko Hayakawa .

腹をすかして村里に出てきた「おおかみ」を
「ろば」が懲らしめる 昔話。
今回はアクリル絵の具で、
なるべく普通??に 描きました

多摩動物園、市川市動植物園、天王寺動物園に
お話に出てくる動物を見るために行きました。
特に市川市動植物園にはお世話になりました!
ひさびさの動物園は楽しかったです。


2005ehon04

つくってあそぼう7  
チーズのえほん


かわぐちおさむ(河口理)・へん はやかわじゅんこ・え
農文協 
2005年3月発行 1.890円(本体1890円)
編集制作/栗山淳編集室

(C)O.Kawaguchi  J.Hayakawa 2005 Print in Japan
ISBN4-540-04159-2 NDC590
36p, 210×257mm

農文協の「つくってあそうぼう」シリーズの
一冊。チーズのほかに、ソーセージ、アイスクリーム、ジャム、みそ、そば、豆腐など、現在20巻ほど出ています。
この本を読むと、おうちでモッツアレラチーズを作ることもできるかも。大人も読みごたえ十分の内容です。

2004ehon03


まよなかさん

早川純子・作
ゴブリン書房 
2004年10月第1刷発行  
1470円(本体1400円)
編集/津田隆彦
(C)Hayakawa Junko 2004
Print in Japan NDC913
ISBN4-902275-05-X C8793
32p, 25.4×21cm


「まよなかさん」は夜中のコーヒー屋さんです。
満月の観測会会場からコーヒーの大量注文が!
まよなかさんは、うまく配達できるでしょうか??
満月の夜の雲を描きたくてできたお話。
夜とコーヒー好きの方はぜひ


2004ehon02


不眠症


早川純子・作
パロル舎 
2004年4月第1刷発行  1470円(本体1400円)
編集/福士裕
ISBN4-89419-289-1 CD793


木口木版での作品を本にまとめてみました。
読むと不健康になる絵本です。

眠れない夜のお供にぴったり。

2003ehon01


しんじなくてもいいけれど

文・内田麟太郎 絵・早川純子
ビリケン出版
2003年2月 第1刷発行 1680円(本体1600円)
編集/津田隆彦
(C)Uchida Rintaro&Hyakawa Junko,2003
Print in Japan NDC913 32p,
26×22cm   ISBN4-939029-25-5 C 8795


初めての絵本です。
赤い自転車に乗った男の子が、次々にしんじられない場面に遭遇します。ナンセンス絵本。

準備期間と作画のリハビリ期間!を
長くいただいて、
思いっきり描き込むことができました。
思い入れがたくさんある絵本です。


 

書籍挿絵、いろいろ

2008年11月03日更新


表紙画像 本、雑誌の題名 内容
sannsuu

「学校では教えてくれなかった算数」
ローレンス・ポッター/著
谷川漣/訳

装丁・清水良洋
本文デザイン・佐野佳子
図表トレース・広田正康

草思社 (1650円プラス税)

表紙の版画を担当。
08年の9
月の終わりに出ました。

attention.2


attention 2


B5変型 112頁 
定価:1000円(税込)
発行日:2008.1.25
編 集:attention 編集室
発 行・発売:real arena(竹中龍太)
イラストレーション(表紙、目次):早川純子
アートディレクション:木下弥

一部の書店でしか取り扱っていません。
内容等、詳しくはattentionのサイトで!



 

一号に引き続き、表紙等を担当。

第2号の内容
【インタビュー】
富岡勝(元・勁草書房編集者) 日本の哲学の潮流を追って 人文書編集者の軌跡(聞き手=武秀樹)
【新連載】
高木護 生きている
姜信子 うぐいす庵恋文(版画 山福朱実)
関口時正 20世紀ポーランド語詩ギャラリー
早川純子 こころばやり
【好評連載】
山崎佳代子 あたたかな食卓 ベオグラード料理手帖
与那原恵 帰る家もなく
柳銀珪 大陸的日常
矢野久美子 もうひとつの物語へ
矢幡英文 トウキョウ、エンジェル。
ふるまいよしこ 中国玉手箱
吉川直哉 写真の虫
米田綱路 トランジット・モスクワ
江野耕治・四釜裕子 おかえりのすけです
【巻頭エッセイ】
小林敏明 手前味噌な日本の私
川上未映子 わたしを泣かせる、小発見
田中純 傀儡の戯言
榎本雄二 上海料理屋のママ
【エッセイほか】
孫歌 戸田郁子 鈴木良治 アラン・グリースン


07book

こんな話を聞いた


2007年9月発売
新潮文庫
阿刀田高/著


版画の作品が装丁に使われました。
不思議な話の短編集です。

07book


夕焼けの国へようこそ
作・垣内磯子/絵・早川純子
フレーベル館

2007年5月末に刊行
ISBN: 4-577-03393-7
価格: 本体1,000円(税別)
20.8センチ×15.2センチ 96ページ

『だれよりも肌がピンク色で、
だれよりもばらの花のにおいがする方。
だれよりも元気で、勇気のあるかた。
それが、王子さまと結婚なさるおひめさま〜』

とらわれた王子さまを助けるため、
お姫様を探しにきた 春の夕焼けの国の家来たちは、
お風呂でのんきに歌っている女の子を
探している お姫様と勘違い。
さて 女の子は王子様を無事助けることができるのでしょうか???
ほんわり可愛く元気のいいお話です。

2006年に、毎日新聞(関西版)に連載されていた
お話が一冊にまとまりまりました。
2色刷りのかわいい色の本です。
2007年の「本のできるまで」(印刷博物館)の展示でも参考資料として利用されました。

おかげさまで08年春に2刷りに!
ありがとうございました。



2007book
attention
定価:1000円(税込)
発行日:2007.1.25
編 集:attention 編集室
発 行・発売:real arena(竹中龍太)
イラストレーション(表紙、目次):早川純子
アートディレクション:木下弥

 

表紙イラスト、ロゴ等を担当
表4のイラストとつながっています。
ひっくり返すとタコの絵につながっています。

編集者の竹中さんが仕事の傍ら出されたリトルマガジン。
「ふだんのくらしからどのように歴史を意識し、
いかに歴史を語るのか。」というのが本誌の大きなテーマだそうです。
興味を持たれた方は雑誌のサイトをのぞいてみてください。

内容
非在と不在のあいだで 熊野純彦
地中 小林エリカ
私の息子はアジア人 戸田郁子
対談 あいまいな幅のある時間のなかで 市村弘正×福山知佐子
あたたかな食卓 ベオグラード料理手帖(1) 魚とローズマリー 山崎佳代子
野球帽歩哨隊の予言 藤本和子
大陸的日常(1) 一年の稼ぎを祭りにつぎ込む人々 柳銀珪
帰る家もなく(1) スリーイー 与那原恵
おかえりのすけです エノコウジ(画) 四釜裕子(作)
もうひとつの物語へ(1) それ以外ではありえないもの 矢野久美子
写真の虫(1) アルバムのなかの時間 吉川直哉
トランジット・モスクワ(1) ラーベンスブリュックで夢見られた本 米田綱路
トウキョウ、エンジェル。(1) 24歳の青い鳥 矢幡英文
中国玉手箱(1) ふるまいよしこ
雑誌にかけた夢 久野量一
フレームの原点 早川純子

2006book

「ものわかりのいい上司」をやめると、部下は育つ!

守谷雄司・著
2006年
PHP研究所から
税込価格 1365円(本体価格1300円)
四六判並製
コード ISBN4-569-65275-1
装幀/松昭教

おじさんを木口木版で作りました。

2006book


トリツカレ男

いしいしんじ/著

2006年3月
新潮社、新潮文庫 
表紙が新しくなりました。380円

装幀/新潮装幀室

 


ビリケン出版から出た書籍の文庫化。
カバーの版画を新しく作りました。

昨年末、キャラメルボックスで
舞台化されました。

中のイラストはビリケン出版での物が
縮小して入っています。
(扉のレコードで遊んでるイラストはカットされています。)


2004book
憑かれた旅人
バリー・ユアグロー/著  
柴田元幸/訳     
2004年
定価1800円(税別)/新潮社 
装幀/新潮装幀室

2001年から2年ほど新潮社の雑誌「波」で
連載されていました。そのときに挿絵を担当していました。
書籍でも新たな版画で挿画を
担当させていただきました。

連載時の挿絵は扉のカットと
タイトル文字のみです。

04年に青山ブックセンター(本店)で
連載時の版画の原画展をしました。

GARUSIA

物語のつくりかた ガルシア=マルケスのシナリオ教室

G・ガルシア=マルケス・著 
木村榮一・訳
岩波書店 2002年2月刊行 
2700円(税別)
装幀/丸尾靖子

 
2001book

トリツカレ男  

いしいしんじ/著
ビリケン出版 、
2001年10月刊行
本体1300円(税別)
装幀/高橋デザイン室

じっくり取りかかれた挿絵。
版画での挿絵です。
落語のようにとんとんとんと、お話が進みます。
スルリと読めて、(一時間くらい?)
あとからじんわり、じんわり
くるお話です。

ちょうどこの挿絵の仕事をしているときに、
「 憑かれた旅人」の挿絵の連載話がきました。似
たような題名がつづくなあ、、と
不思議に思いました。

EHONN 絵本の力

川西芙沙・著  
大和出版  
1500円(+税)現在絶版
2000年発行

装幀/丸尾靖子



TOBIA トビアと天使

スザンナ・タマーロ・著 
高畠恵美子・訳  
あすなろ書房
2000年発行  

装幀/丸尾靖子

 

1998book

なんでもない風

垣内磯子・詩 
トムズボックス・発行 
1998年5月5日初版発行
1.000円(+税)

学生時代から知り合いだった、垣内磯子さんの初期の詩集を
改めて装丁し直してトムズボックスから自費出版したものです。

もとの詩集は活版印刷の文字だけ。シンプルだけどすばらしいものでした。「好きにかいていいわよ〜」という垣内さんのお言葉に甘えて、
絵をてんこもりにして好き勝手描かせていただきました。
どう作っていいやらだったので、トムズボックスの土井さんたちに
色々手伝っていただいたり。
今年で作ってから10数年!あんまり成長していないなあ。。。。。。


 

挿絵・その他

(思い出しながらちょこちょこと更新していきます。)
*2011年07月のろのろ更新*

掲載された媒体、内容などの情報 画像のリンク(ブログとリンクさせました)
2011
2010~2011年

「茶畑小学校」
ねぎしたかこ/作

母の友(福音館書店)

2010年 12月号からの新連載のお話の挿絵

 

母の友(福音館書店)2011年 1月号 連載二回目 

母の友(福音館書店)2011年 2月号 連載三回目 

母の友(福音館書店)2011年 3月号 連載四回目 

母の友(福音館書店)2011年 4月号 連載五回目 

母の友(福音館書店)2011年 5月号 連載六回目 

母の友(福音館書店)2011年 6月号 連載七回目

母の友(福音館書店)2011年 7月号 連載八回目 

 

2010

 

 

2010~2011年

「茶畑小学校」
ねぎしたかこ/作

母の友(福音館書店)

2010年 12月号からの新連載のお話の挿絵

 

 

 

母の友(福音館書店)2010年 12月号 連載一回目 

 


 

2010年10月16日(土曜日)の毎日新聞朝刊

土曜日に掲載される
"小さなおはなし"コーナーの挿絵。

「こころのマドってなんだ?」
作/正岡彗子


毎日新聞のホームページ で、お話が読めました。

画像
2010年

『決定版 心をそだてる 松谷みよ子の日本の神話』
松谷みよ子/文
講談社 2,940円(税込)

10人ほどの絵描きが挿絵を描いています。

早川は「ニニギ天下る」と「コノハナサクヤヒメ」の
5見開きを担当しています。

画像

 

2010年
母の友(福音館書店)11月号


"こどもに聞かせる一日一話"のお話の一つ。

「猫のダマ」 作/ひのかずなり

 

画像

2010年9月号掲載
フレーベル館 キンダーブック1より

おつきさまがいっぱい
作/山脇恭

5見開き

定期購読の雑誌のため、
書店では販売していません。


画像
2010

クイズ にほん語の大冒険〈3〉表現
教育画劇 ¥ 3,780

2010年春に出ました。
中のカットを数点描いています。
2見開き。 アクリルで描いています。

画像

2009年

 

2009年

母の友(福音館書店)11月号

こどもに聞かせる一日一話の挿絵

*おんちな子守歌 乗松葉子/作

*おやすみなさい たみおかまゆみ/作

二つのお話に絵を描きました。

 

画像
   
   

 

2008年

   

2008年

母の友(福音館書店) 11月号 

こどもに聞かせる一日一話

*みんな、シャンプー  作/原和正 

画像

2008年

キンダーブック がくしゅうおおぞら7月号
(フレーベル館) 

*かっぱが どどん! 垣内磯子作

画像


2008年4月刊行

おなかがよじれる古典笑噺傑作選6
ふしぎなかわりものの笑噺
監修・川村たかし

教育画劇 1840円

中身の挿絵を担当。筆で描いたもの。モノクロの挿絵です。



画像


2008年3月

CDでたのしむえいごよみきかせ絵本2
1470円(税込み)成美堂出版

お話の一つ。「かさじぞう」を描きました。

 

画像
   
   
2007
   
2006
   

2006

「母の友」2006年8月号(福音館書店)

読んであげるおはなしのページ2
ロシアの昔話
「占い師」
アファナーシエフ編「子どものロシア昔話」より

尾家順子・訳

ずるがしこい男がインチキ占いの
舌先三寸でうまい事、
世渡りしちゃうお話。

画像
   

「月刊クーヨン」(クレヨンハウス)


おむすびのカットなど

画像
   

「夕焼けの国へようこそ」

垣内磯子/作 

毎日新聞(関西板のみ)の
読み聞かせのお話コーナー「読んであげて」の挿絵。
4月に毎日連載されましたす。

このコーナーは一ヶ月ごとに作家さんと絵描きを変えて
毎月新しいお話が連載されます。

毎日新聞のサイト、「MSN毎日インタラクティブ」
http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/bebe/yonde/
「夕焼けの国へ ようこそ」のページは半年経ったので削除されています。

女の子が大活躍する可愛いお話。墨と筆で描きました。
07年にフレーベル館から書籍化されました。

 

2006年3月

いのちを考える本 どうぶつといっしょ!
(8巻セット・8巻セット18.480円 )
著者 井上こみち

一冊に3話づつお話が入っています。
その中の一つを担当しました。


3巻目の「育てる」のなかの一話
「ぼくたちのシカじんぐうとラッキー」の挿絵を担当。
(定価: 2,310円・学研)

鹿を育てている小学校のお話です。
取材にいって、びっくりです。

刊行後、この小学校で井上こみちさんの講演会があり、見学。
学校みんなで 鹿に愛情を持っているのが感じられました。

画像

 

すばる4月号(集英社)
「ネズミこうぼう」

仕事場のネズミの話のエッセイねずみに取り憑かれているかもしれません。

画像
   
   
2005

読んであげるお話ページ
「子ヤギの冒険」


母の友/2006年1月号/福音館書店
(2005年12月頭に発売)


同時に刊行された「おおかみだんなとろば」(福音館/こどものとも年少版)と
おなじく、昔話。

子ヤギが機転を利かせて、窮地を乗り切る お話です。

画像

母の友/11月号(福音館書店)

一日一話のお話特集で、今回は2話担当しています。

10月はじめは発売。これも定期購読の雑誌ですが、大きな書店で販売されています。
図書館にもよく置かれてますので是非。

画像


「出前コンサート」チケット制作

9月1日に札幌時計台ホールで行われたコンサートの チケットを
制作しました。

画像準備中


「こどもの城」館内リーフレット

東京青山にある施設「こどもの城」の新しい館内リーフレット。
05年7月中頃から使用されています。開いて楽しめる絵本のような形。
数年間使用されるとのことです!


日本語版、英語版があり、表紙がちがいますます。

現在、当時よりひとまわり小さいサイズが使用されています。(2010年現在)

画像準備中

読んであげるお話のページ
「神鳴り」

母の友/7月号(福音館書店)

狂言でおなじみのお話です。
やぶ医者とかみなり様のやりとりが、おかしいお話。
和紙にアクリルで水墨画風?に描いています。

画像

「こどもがよろこぶおはなし50」 
フレーベル館
監修こわせたまみ05年2月刊行 2280円


日本と世界の名作、創作、詩。
おむすびころりんを木版画で。

画像

「月刊クーヨン」(クレヨンハウス)
「DIARY NOTEBOOK 2005.4〜2006.3」

付録のダイヤリー
仲良し熊2人のお話みたいになってます。

画像
 
   
2004
   
   

「ブックポートプラス」(フェリシモ刊) 
133〜135号に掲載。( 2004年〜2005年)
通販の定期購読雑誌です

メリー・ゴー・ラウンド

アリソン・アトリー作
石井桃子/中川季枝子 訳

この雑誌は通販の定期購読雑誌。

画像

「すばる」(集英社) 11月号、12月号、1月号(2005年)を担当。

木口木版の挿絵が紙面の彩りとして一冊に10点ほど 散らばっています。

画像準備中

母の友/11月号(福音館書店)

「星をひろったこども」

一日一話のお話でを
担当しました。ダーマトで描いています。(クレヨン)

画像準備中

「母の友」(福音館書店)
4、5、6月号と
10、11,12月号

巻頭エッセイの挿絵 カラーの木口木版です。

画像
   
2003

「はてな?はっけん!ブック・11月号」
(進研ゼミ、チャレンジ2年生/ ベネッセコーポレージョン)

わくわく図書かん
「あなあき手紙がきた日」
 石津ちひろ・作

画像

「大人のための Piano Study」 (発行所/財団法人ヤマハ音楽振興会)

全12巻中、7,9,10,11,12巻に
挿絵がちらばって 載っています。筆でかいたもの。

画像

2003年
「母の友」(福音館書店)
4、5、6月号と
10、11,12月号に掲載。

巻頭エッセイの挿絵 カラーの木口木版。

画像

『版画芸術』(阿部出版 ) 付録版画 ◎おまけ版画◎

一冊、一冊オリジナル版画がおまけ。
6作品あり。うち一枚はシークレット。
現在バックナンバーのある本屋さんか、版画芸術のホームページで購入可能。

画像準備
   
   
2002

「母の友」(福音館書店) 2月号  

読んであげるお話のページ
「ニンジン山」

石黒なみ子・文
中国の昔話です。 アクリルで描いてあります。

画像

『波』(新潮社のPR誌)
2001年の一月号から一年半の連載。

「憑かれた旅人」
バリー・ユアグロー/著 柴田元幸/訳

木口木版での挿絵、モノクロ

画像
   
   
2001

キンダーブック・3 (フレーベル館) 1月号付録

「ピックとピッキのしりとりあそび」

別冊付録全21ページ。
しりとりをしながらお話が進む別冊付録の絵本です。

画像
   
2000

「母の友」(福音館書店) 9月号

読んであげるお話のページ
「小さな灰色のロバのおはなし」
アリスン・アトリー。作 松野正子.訳

カラー、アクリルでのイラスト。

画像

2000年4月号〜2001年3月号
キンダーブック・2 (フレーベル館)

折り込みしおり 「つばめのおうち」
題字、表4、表1のカット。2色刷
うさぎとお供のサルの冒険旅行記。

画像
   
   
1999

キンダーブック・3 (フレーベル館) 7月号付録

「うみべのサーカス」

別冊付録全21ページ。
絵本の中に自分でも絵を描き加えていく別冊付録のお絵かき絵本

画像

「母の友」(福音館書店) 2月号

読んであげるお話のページ
「せかいでいちばんおおきなおいも」

二宮由紀子・作

モノクロページ。筆で描いています。

画像
   
   

1999年4月号〜2000年3月号 キンダーブック・2 (フレーベル館)

折り込みしおり 「つばめのおうち」 題字、表4、表1のカット。
2色刷 小さな女の子と男の子がいろんな所に行く様子を描いていました。

画像準備中

1999年 たくさんのふしぎ 4月号付録カット

巻末についている折り込みカレンダーにカットを描きました。
福音館での最初の仕事です。
(定期購読雑誌なので、カットを描いたのは前年の1998年。夏前だった気がします。)

画像

 

 
   
   
1998
   

1998年4月号〜1999年3月号
キンダーブック・2 (フレーベル館)

折り込みしおり 「つばめのおうち」 題字、表4、表1のカット。
2色刷 その季節に活躍する虫たちを描きました。

画像準備中
   
1997

1997年4月号〜1998年3月号
キンダーブック・2 (フレーベル館)

表3でのカラーカット。    

版画の技法を使っていろいろへんてこな生き物を描きました。

画像準備中
   
以下整理中。  

 

 

home